ガレッジニア部門

特別審査員

妹尾智 氏 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント 取締役 執行役員専務

プロフィール:
1993年(株)ソニー・ミュージックエンタテインメント入社。
音楽レーベルビジネスの営業、宣伝を経た後、経営企画にて新規事業の立ち上げ等コーポレイト業務に携わる。2016年取締役就任。現在、ライブホール「Zepp」の開発・運営、音楽チャンネル「MON」・ライフスタイル雑誌出版のメディア事業、音楽ダウンロードビジネス「mora」などのマネジメントに従事。
近年は、日本のエンタテインメントの海外展開のプラットフォーム作りとともに、アウトバウンド・インバウンド双方への貢献を目指している。

ガレッジニア部門に期待すること:
歴史上の産業革命は100年以上、今のIT革命とか言われる革命はまだ始まったばかり。これから何十年にも渡って次々と新しい驚くべきことが生み出されてくるはず。
なので、この部門に期待することは、既成概念にとらわれず、理屈も無く言葉で説明しなくても、見て思わず声を上げてしまう、とんでもないモノが出てくること。
未来人の気分になって作ってみてください。

藤原 健太 氏  株式会社オリィ研究所

プロフィール:
1999年の2000年問題からプログラマー、システムエンジニアを経てインフラエンジニアとなる。
大規模システム開発の経験が多く、近年ではEC系業務システム、基幹システムのAWSアーキテクトとして従事。
2019年、ロボティクスベンチャー「オリイ研究所」へ入社。
CEOの吉藤とは創業前から知り合い、プロトタイプのOriHimeと共に福島へ被災地訪問などを行う。
かねてよりOriHimeの活用方法や有用な点をブログやSNSで拡散することに努め、日本のロボットに OriHimeありと言わせることを目標に日々活動している。

ガレッジニア部門に期待すること、見てみたいもの:

  • プログラミングとして面白いか
  • ロボット愛を感じられるか
  • ネット拡散力が高いか
宮原 俊介 氏  東京産業新聞社ガジェット通信編集長

プロフィール:
ガジェット通信編集長。
1971年生まれ。
日経BP『日経メカニカル』『日経デジタル・エンジニアリング』編集記者、エンターテインメントサイト『shockwave.com』プロデューサーを経て、2008年より有限会社未来検索ブラジルに勤務。
ウェブゲーム投稿サイト『モゲラ』の企画・プロデュースと並行して、副編集長としてガジェット通信立ち上げに参画し、2010年より現職。

ガレッジニア部門に期待すること:
笑えるモノ、エモいモノ、楽しくなるモノ。
記事で紹介して、ネットで話題になるような作品が集まることを期待しています。

競技内容

「新しいものを生み出すことの出来る次世代の技術者育成」を目指したチャレンジ機会を提供します。テクノロジーをベースに「新しい」「わくわくする」ものを作り、発表してください。審査項目は、発表内容、それを実現するための技術です。

概要

「つくって動かす」
・センサー、アクチェータをそれぞれ一つ以上使い、ソフトウェアで制御する。
・マイコンおよびプログラムによる制御

規約

規約はこちら

テーマ

自由テーマ

※以下は2018年の内容です。
参加チームが自由に決める。主に以下の3タイプ。
問題解決型テーマ、技術先行型テーマ、目標設定型テーマ

個別テーマ

※以下は2018年のテーマです。
A.「ワンオペらくらく」・・・ワンオペでもラクに楽しく!
B.「リビング省エネ」・・・リビングだからこそできる地球温暖化対策を!
C.「温故知新」・・・最新技術で蘇る現代風<昔の遊び>

審査

動画審査

YouTubeにアップした動画内容を、審査員が評価。
優秀選抜

チャンピオンシップ大会

会場でパフォーマンスし、審査員が評価。

イノベーションスキル向上セミナー

開催概要
日時6/16(日) 13:00~17:00
場所TDCソフト株式会社
東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル 7階
定員50名程度
参加費無料
対象ETロボコン2019参加チーム
実行委員
ETロボコンへの参加・スポンサーを検討されている方
メディア
※上限を超えた時は、ガレッジニアの参加チームを優先します。
持ち物PC(資料ダウンロード用)
申し込み方法終了しました
配信URLこちらから
スケジュール
12:45 – 13:00受付
13:00 – 13:10開会あいさつ
13:10 – 14:40ETロボコン本部実行委員長 星 光行 氏
「メカ(機械)制御に必要なセンサー・アクチュエータの基礎」
14:40 – 14:50休憩
14:50 – 15:50オリィ研究所 藤原 健太氏
「ロボティクスベンチャーオリィ研究所の取り組みについて」
16:00 – 16:30ETロボコン本部共同企画委員長 江口 亨 氏
「いま、あなたに知っていてほしいこと」
16:30 – 17:00閉会のあいさつ、 アンケート、解散
内容
「メカ(機械)制御に必要なセンサー・アクチュエータの基礎」

ETロボコン本部実行委員長 星 光行 氏

ロボットなどのメカ制御に必要なセンサーやアクチュエータの基礎を学びます。
代表的なセンサーやアクチュエータの種類と概要、A/Dコンバータ、D/Aコンバータの仕組み、モーター制御の仕組みなどの講義を行います。
その後、実際にArduinoを使って、LEDの点滅させたり、各種センサー値を読み込んで、サーボを動かすなどのデモを行います。さらに、手軽にWiFiが使えるESP-WROOM-02のデモも行います。

プレゼン資料はこちら

講師プロフィール:
元々はハードウェア・エンジニアとして、いくつかの回路設計を行い、電気系専門雑誌、マイコン雑誌に多数執筆。
その後、組込み用リアルタイムOS OS-9と出会い、四半世紀以上に渡って、組込みシステムの開発に携わる。ハードウェア、ソフトウェアとも経験してきている二刀流だが、ソフトウェアの経験のほうが長い。
長年培わってきたノウハウで、10数年にわたり客員講師として、早稲田大学、東京工業大学、立命館大学で組込みソフトウェアの講義を行なう。現在は、株式会社ジェイテックで新入社員の技術者教育に携わっている。
チャンピオンシップ大会が開催される「ET展/IoTテクノロジー展」副実行委員長。

ロボティクスベンチャーオリィ研究所の取り組みについて

株式会社オリィ研究所  藤原 健太氏

オリィ研究所が取り組む社会貢献の形をロボット作りの方面からご説明いたします。

講師プロフィール:
1999年の2000年問題からプログラマー、システムエンジニアを経てインフラエンジニアとなる。
大規模システム開発の経験が多く、近年ではEC系業務システム、基幹システムのAWSアーキテクトとして従事。
2019年、ロボティクスベンチャー「オリイ研究所」へ入社。
CEOの吉藤とは創業前から知り合い、プロトタイプのOriHimeと共に福島へ被災地訪問などを行う。
かねてよりOriHimeの活用方法や有用な点をブログやSNSで拡散することに努め、日本のロボットに OriHimeありと言わせることを目標に日々活動している。

いま、あなたに知っていてほしいこと

ETロボコン本部共同企画委員長 江口 亨氏

昨年今年と、2年続けてCESに参加して、日本が置かれている現状など、最近感じていることについてお話します。

講師プロフィール:
ETロボコン本部共同企画委員長
チューチューマウス開発者
水中ロボコンinJAMSTEC‘15 AUV部門優勝
第二回 海洋ロボットコンペティション in 沖縄 特別賞
1988年より株式会社 富士通コンピュータテクノロジーズにて、画像処理WS・パソコン向けCD-R・新聞システム・車載電子プラットフォームAUTOSARなどを手がけ、モデル駆動開発ツール開発やアーキテクチャ設計・教育に従事。
最近、サラリーマンを卒業し、人生二毛作を掲げて、楽しくて新しいことを探しながら、日々何かを製作中。
慶應義塾大学大学院SDM(ソフトウェア工学)・東海大学の非常勤講師などを務め、 ETロボコンを通した組込みシステム教育や自動運転ロボットの普及など多方面で活動中。

パフォーマンス情報

後日公開

スケジュール

後日公開

提出物

後日公開

ビデオ審査期間

後日公開

ビデオ審査結果発表

後日公開

CS大会

2019/11/20(水)

タイトルとURLをコピーしました