ETロボコンとは

ETソフトウェアデザインロボットコンテスト (愛称:ETロボコン)

『技術教育』がETロボコンのテーマ

いま、自動車や家電など、日本の産業を支えているのが「組込み技術」。ETロボコンは、組込みソフトウェア分野における技術教育がテーマのイベントです。競技は、レゴブロックの車体で、決められたコースを自律走行するもので、同一のハードウェア(車体)のもとに、UML()等で分析・設計したソフトウェアの技術を競います。
UML(Unified Modeling Language)

-
----------------

ETロボコンは設計と性能を競う競技

ETロボコンは、『ロボット走行システムのソフトウェア設計モデル評価』と『ロボット走行性能(タイムレース)』の2つの側面で審査する競技です。



-
----------------

ETロボコンは学生から社会人まで拡大

企業エンジニアを含めたオープン参加型のロボットコンテストとして、各企業団体との連携協力により開催されます。2002 年UMLロボットコンテストとして始まり、2005年より「ETロボコン」と名称を変えて開催しています。

-
----------------------------------

ETロボコンは楽しみながら知識が得られるステージ

ETロボコンは、例年以下のスケジュールで開催しています。*開催年により異なる場合があります。

[2月] 実施説明会・参加申込み開始

今年の実施概要を決定し、参加希望者を対象とした実施説明会を行います。参加チームの受付を開始します。

[4月] 技術教育実施

競技規約、審査基準を公開します。技術教育の場では、UML表記法や設計・実装など初級者にもわかりやすい技術解説を行います。

[5-6月] 試走会開催

本番同様のコースを用いてテスト走行する試走会を行います。
 

[7-9月] 予選地区大会

地区ごとに行う大会です。走行タイムとモデリングを競います。

[11月]チャンピオンシップ大会

予選大会上位チームと委員会推薦チームが一同に会し、タイムを競うファイナルイベントです。
  
----------------------------------

ETロボコンに参加するには

組込みソフトウェア開発および同技術教育に興味を持っている高校生以上の方で、他の競技者との意見交換、情報交換が可能であること。ただし、未成年の場合には、保護者または成年責任者による参加同意と付き添いが必要です。 参加はチームでも個人でもかまいません。

参加者はおおよそ以下の方々を想定しています。

  • 企業における組込みソフトウェア開発技術教育としての参加。
  • ソフトウェアエンジニア個人またはエンジニア同士での技術力向上へのチャレンジ。
  • 大学におけるソフトウェア・エンジニアリング教育としての参加。
  • 高校、高専、専門学校等における、コンピュータ、ソフトウェア技術教育としての参加。

ETロボコンは、多くのエンジニアが楽しみながら腕試しできるコンテストです。皆さんの参加をお待ちしています!!

----------------------------------
概要
参加規約
競技規約
モデル審査基準
年間スケジュール
ETロボコン2008実行委員会
参加チーム一覧
事前実施説明会
技術教育
試走会
地区大会
東北関東東海関西九州
チャンピオンシップ大会
各会場のご案内
サイトマップ
お問い合わせ
ETロボコン 事務局

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町1-3-6
共同ビル(人形町)2階 (株)アフレル内


TEL.050-3385-7831
TEL/FAX.03-3249-3741
>>メールでのお問い合わせ
(c) 2008 Embedded Technology Software Design Robot Contest all rights reserved