http://www.sessame.jp/http://www.jasa.or.jp/
TOP > ETロボコン2017概要|ガレッジニア部門 > ガレッジニア部門 パフォーマンス情報

ガレッジニア部門 パフォーマンス情報

パフォーマンスタイトル動画

チームNo.参加チーム名所属パフォーマンスタイトル動画
22日本工学院専門学校蒲田C日本工学院専門学校蒲田校https://youtu.be/A6gOJwrhjiY
37れいんぼう株式会社エヌデーデー水戸事業所https://youtu.be/wBeFEbiJ_Qg
94あしの会A大阪府立淀川工科高等学校https://youtu.be/q8ESEwd6b1U
106追跡線隊HiICSイエロー株式会社日立産業制御ソリューションズhttps://youtu.be/NMa00It9b3A
152月のラムネ宇部工業高等専門学校ETロボコン同好会https://youtu.be/tSpn7avTMv8
168KKUhttps://youtu.be/9sIAoYWQomE
203SLP-GuHoo香川大学 工学部 SLP-KBIThttps://youtu.be/9ukoSvU5icI
213SunshineN高等学校、沖縄県立北中城高等学校https://youtu.be/p-FayFviFMw
236九TECH開発部九州職業能力開発大学校https://youtu.be/1ftQE42bTBk
261あかとんぼ大阪府立城東工科高校https://youtu.be/QkfthtuaJVE
293妖精のものつくり工房ものつくり大学 聖望学園高等学校https://youtu.be/68ZHkG1CAfI
303ばるちゃんず株式会社日立製作所 サービス&
プラットフォームビジネスユニット
https://youtu.be/qTLQSWbkebQ
309W3バランスhttps://youtu.be/s0O03afBudU
323Sanzo2017-ω福山大学https://youtu.be/TaG1LXNZGA8
352Monolith G岩手県立大学ソフトウェア情報学部
ソフトウェア情報学科
https://youtu.be/C7mlkDpRjq4

上記は「パフォーマンスタイトル動画」のURLとなります。
この「パフォーマンスタイトル動画」は、チーム名や所属などの「チーム情報」と参加チームが作成した
「パフォーマンス動画のURL」(リンク先の情報)が掲載されています。

https://github.com/ETrobocon/ETrobo2017Garageneer
※このURL配下にチーム毎のフォルダが存在します。

ビデオ審査結果

チームNo.参加チーム名所属いいね!
ポイント
(100点満点)
審査員
ポイント
(200点満点)
合計
ポイント
(300点満点)
CS選抜
チーム
いいね
カウント
106追跡線隊HiICSイエロー株式会社日立産業制御ソリューションズ100168268305
352Monolith G岩手県立大学ソフトウェア情報学部
ソフトウェア情報学科
48159207147
303ばるちゃんず株式会社日立製作所 サービス&
プラットフォームビジネスユニット
48156204147
37れいんぼう株式会社エヌデーデー水戸事業所2617620279
236九TECH開発部九州職業能力開発大学校1513214746
168KKU913314229
152月のラムネ宇部工業高等専門学校ETロボコン同好会3699135109
293妖精のものつくり工房ものつくり大学 聖望学園高等学校812513325
22日本工学院専門学校蒲田C日本工学院専門学校蒲田校911812728
323Sanzo2017-ω福山大学11111124
309W3バランス01031033
203SLP-GuHoo香川大学 工学部 SLP-KBIT6939921
213SunshineN高等学校、沖縄県立北中城高等学校3919411
261あかとんぼ大阪府立城東工科高校287897
94あしの会A大阪府立淀川工科高等学校16698549

審査員コメント

審査員コメント
石井 和也
日経BP総研
マーケティング戦略研究所
主任研究員
*日本工学院専門学校蒲田C

ゴミ処理場だと、磁石を使って缶を取り出してりしています。その方が手っとり早いですが、ペットなのか缶なのか、センサーが逡巡しているように見えるところが妙に面白かった。成仏できるように引導を渡している坊さん、善・悪人を仕分ける閻魔大王とか、想像してしまったのですが、ロボットにキャラクター性をもたせると仕分けの機能に付加価値がつけられる。

*れいんぼう

まだまだ多くの機能は開発中ですが、スマホ+足=ロボットとい発想はいいですね。家の中の転がっているスマホが再利用でき、しかもAIスピーカーや電子ペットなど何役もこなせるバディ、欲しいです。ヘルメットはデコれそうでです。

*あしの会A

ちょっと欲しくない目覚ましロボットですね。これじゃ二度寝どころか、心配で最初から寝られません。それから水はいけません。少しでも布団を濡らすようなら、お母さんや奥さんの同意が得られませんよ。私も二度寝ね困っていますが、やはりハリセンが良かったかな。

*追跡線隊HiICSイエロー

自動駐車や追突防止など自動車の世界では自動走行技術の開発が進んでおり、道路だけでなく、コンビニやスーパー、テーマパークなどにあったら面白い。倉庫や工場ではすでに利用されてそうだが、イエローの狭いところや障害物(人)に強いところにフォーカスを当てているところはいいし、自動帰巣機能や買いたい商品やお買い得商品まで案内してくれるようになるといい。

*月のラムネ

映像は素晴らしい。期待は高まるが、ちょっと話が長すぎます。しかもコインロッカー代わりどんな課題解決が出てくるのかとおもったら、巨大なコインロッカーシステム。需要があるなら、コストを考えると有料のお荷物預り所を作った方が安上がりだと思います、

*KKU

電動歯ブラシで十分では? なぜ、全自動が必要か? そんな大掛かりな自動歯磨きマシーンはいらんだろうと思わせてくれますが、ナンセンスな面白さがあって、笑わせてもらいました。歯磨きではなくて、洗車場みたいに寝てたら洗顔、美顔をしてくれるヘルメットみたいなものに発展できるのでは。

*SLP-GuHoo

健康系のウエアブル端末ですでにサービスがあるので、もっとマッチョな人やマッチョになりたい人に受けるように二の腕に巻いて、筋肉のサイズ、成長ぶりが計測できるようにする。あるいはエクソサイズの後に揉むほぐしてくれるとか、独自性がほしいかな、、、。

*Sunshine

ねこたんが手作り感ありありですが、可愛く仕上げっていました。腕がうごいてるところが見たかったですね。音声がよく聞こえなかったのがちょっと残念。二度寝してしまうと、ツイートされてしまうのはキツイ。効果的な目覚ましロボットになる可能性もありますね。

*九TECH開発部

警戒なノリのビデオ映像で、ほんの並び替えに困ったことありますね、と言われて、「あるある」といいそうになてしまったが、実際には図書館利用者にはあまり関係ない装置かも。でも図書館司書の方には便利で、返却された本を装置に入れるだけで自動的に元の場所に戻してくれると便利。

*あかとんぼ

UFOカメラ、夢がありますね。これならUFOが撮影できるという理由が欲しかったですね。

*妖精のものつくり工房

使わなくなったものを再利用して再生したのは○。新しい乗り物としてどのくらい楽しく便利に走行できるか試してみたい。

*ばるちゃんず

回転ずしみたいですが、確かに遠くにある料理に手が届かないことがあって残念なことも。居酒屋のテーブルに会ったら盛り上がりそうです、

*W3バランス

王道的な使い方ですね。

*Sanzo2017-ω

実際に使えるようにしてもらいたい。

*Monolith G

ちょっと間抜けな動作ですが、かわいいです。音センサーをうまく使いこんな使い方もできるのかと思わせてくれる好例。

岩佐琢磨
株式会社Cerevo
代表取締役
*日本工学院専門学校蒲田C

用途も面白いし、実装もうまくできている。ビデオもわかりやすい

*れいんぼう

ハードウェアはシンプルだが、ソフト系の実装力はかなり高い。

*あしの会A

*追跡線隊HiICSイエロー

社会人Teamらしい完成度。圧倒的に高性能ではあるが、資金力・スキルなどを考慮し低めに点数をつけた

*Sunshine

原始的ではあるが、高校生Teamということで加点。

*九TECH開発部

電磁石なのは何でやねんという感はあるが、Idea、実装、動画の作り方含めて大変うまい

*妖精のものつくり工房

スマート型パーソナルモビリティは面白いテーマ。
ただビデオがよくない。何を作りたいのか、何が売りなのかよくわからず

*ばるちゃんず

唐揚げを食べたくはなったが….

*W3バランス

用途がちょっとよくわからない。
実装を頑張ったのはみとめるが…
ビデオもちょっとわかりにくい

*Sanzo2017-ω

用途の切り口が面白い。衛星ではなくLPWA基地局とすれば十分社会実装可能なものと思えた

*Monolith G

わかりやすいデモビデオ、しっかりと実装された実装、明確な用途提案と、3点そろっていてよかった

遠藤諭
株式会社角川アスキー総合研究所
取締役兼主席研究員
*日本工学院専門学校蒲田C

作ってみたという感じだけど、実装して使ってみるところまでいったらすばらしい。そこで課題も見えて、それが学びになる。

*れいんぼう

1個1個の動作はこのように動くんだと思うけどトータルでどうサービスされるのかがわかるとよいのですが・・・。

*追跡線隊HiICSイエロー

ありふれたアイデアというか、おどろかない(自動追尾カートはピアジオが発売)。が真面目に取り組んでちゃんと動いている。逆に電動アシストのシッピングカートもすでにあるので事業化も可能。問題点も自分たちで把握していると思うので発展してほしい。

*月のラムネ

ちゃんと動いているようなのだがコインロッカーに見えないのですが・・・。

*KKU

実用性があるとは思えないが構想したものを作りきったのは評価できる。

*SLP-GuHoo

まじめに作っているが新しいことを1つでも入れられたら・・・。

*Sunshine

内容は平均的だけどまじめに作っています。

*九TECH開発部

これを作ろうと思った意気込みとセンスはすばらしい。しかし、人間にできて機械にできないことはなにかをまじめに分解して考えてほしい。

*あかとんぼ

UFOを撮影しようというアイデアはよい。

*妖精のものつくり工房

楽しそうでよい。

*ばるちゃんず

構想したことをきちんと形にしている。MaBeeがちゃんと役に立っているところをはじめてみた。一直線でもいいのではないか? など突っ込みどころもあるがいろんな要素が入っていてよい。

*Monolith G

アイデアがよい。実用性があるところまでもっていけたらすばらしいが・・・。

酒井崇匡
博報堂生活総合研究所
*日本工学院専門学校蒲田C

ニーズのフォロー範囲は広いものの、実はそこまで振り分けに手間を感じる人がいない…?とも思いました。
実は集合住宅のゴミの集積置き場とかにこれが一台あるとめちゃくちゃ便利かもしれないですね。
機能がシンプルなので、活用場所やニーズの掘り下げが大事だと思います。そこをもう少し頑張って欲しかったです。

*れいんぼう

スマホをキャラにするという意味で面白いと思いました。(着想としては既にありそうな気がするものの。)スマホが動くことで、例えば何か信号の発信源の探知機のように使うこともできるかもしれないですね。

*あしの会A

アホらしいけど面白いですね。ただ、これセンサーである意味があまりないようにも思います。
何かの状態をセンサーで感じ取り、アラームを鳴らす、という点で言えば、むしろ寝そうになったらアラームを鳴らしてくれる方が嬉しいようにも思います。

*追跡線隊HiICSイエロー

ニーズは高そう。普通にありえると思いました。
実際にはカクカク動くものに後ろから従いてこられると店の中のものにぶつかっちゃったりしないかハラハラしすぎると思うので、むしろ屋外で、例えばゴルフクラブのキャリーカートとして、とかの方が使いやすいのではないかと思います。

*月のラムネ

構想としては面白いと思いました。
ただ、「どこでもロッカー」という着想を本当に解決できるかが疑問です。
中央に集積する際にどうやってそこに運び、そこからどうやって取り出すか、という点で少し現実味に欠ける感じがしてしまいました。

*KKU

最もファニー!笑
こんなことするくらいなら普通に歯を磨くとは思うのですが、何か可能性を感じました。
逆に、今はポテンシャルだけしか感じられていないので、これが実際には誰にとって使いやすいものなのか、という点をもっと掘り下げてほしいです。
なんか他のもの磨いたほうが良い気もしますが。

*SLP-GuHoo

普通にありそうだと思いました。 (ウェアラブルデバイスやスマホアプリなどで既にリリースされているものもあるように思います。)
もう少し独自性がほしいと感じました。

*Sunshine

起きたかどうかをSNSに投稿するのは面白い機能かと思いました。
何かの状態をセンサーで感じ取り、アラームを鳴らす、という点で言えば、むしろ寝そうになったらアラームを鳴らしてくれる方が嬉しいようにも思います。

*九TECH開発部

省力化という意味で実現する意味はありそうだし、手間のかかるレイアウト替えが自動でできるということは、ディスプレイ変更が簡単にできるということでもあります。
そういう視点で見ると、より可能性が拡げられるのではないかとも思いました。

*あかとんぼ

防犯や何かの見張りに使えそうですね。
技術的にもそうですが、より生活のシーンから「これは使える!」というものを考え抜いてほしかったです。

*妖精のものつくり工房

他にも類似の案はありましたが、ニーズは高そうです。
アイディアとしてはすぐ考えつくものだったりもするので、用途なりターゲットなりに独自性が欲しいところです。
やはり「余ってるから使おう」だと「本当に必要?」というところの掘り下げがあまくなります。
より生活に根ざした発想が求められていると思います。

*ばるちゃんず

給仕の自動化という問題設定が良かった。
円形のレールにすることで色んな人に行き渡らせられる可能性を感じます。
老人ホームなどでもヘルパーをサポートしてくれそうです。
回転寿司屋のレールのパクリのように見えなくもないので、(見た目は完全にそうだし。)
そことの違いをきちんとアピールしたいところです。

*W3バランス

何のためのものかわからないけど、きっと意味なんて特になくて良いんだと思う。
そう感じさせてくれるプロダクトではありました。
何か新しい遊びに使えないかな。音声認識なら、NGワードを言ったら箱が爆発するような、音声による黒ひげ危機一髪みたいなことができた方が面白いと思います。

*Sanzo2017-ω

出来たら凄いですが、技術的にどこまで可能なのかが少し疑問でした。
土砂崩れの際は確実にメタンガスが出るという文献は発見できなかったので。

*Monolith G

シンプル。ニーズがあるかわからんが、日常のちょっとしたことをスムーズにしようという視点を感じます。しかし、UXの設計的にはどうなんでしょうか。喋り始めてからマイクの位置が移動するのはかなり不快だと思います。それなら、マイクの横に手をかざす高さによってマイクの位置が上下するとか、他に色々手立てはあるように思います。

佐藤智紀
(元)バルミューダ株式会社
新規事業準備室 リーダー
*日本工学院専門学校蒲田C

不透明なペットボトル(たとえばラベル、シールなどがセンサ読み取り部にかかるときなど)が容易に考えられるので、そのあたりがクリアできるようなアイデアがあるといいと思います。

*れいんぼう

機動性を持たせたことは面白いです。あとはこれらアイデアが本当に実現できるかどうかにかかっていると思います。

*あしの会A

水が出てくるよりかはマシンの音で飛び起きそうですね。繰り返し使いたくなるようなアイデアが盛り込まれるとさらに良くなると思います。

*追跡線隊HiICSイエロー

動きの完成度は高いです。こんなカートがあると、買い物が楽しくなりそうです。マーカレスでの制御や、会計・決済までトータルでカートが行えるなどのアイデアがあるとより便利そうです。

*月のラムネ

課題の着眼点はとてもいいと思います。解決方法がもっと実現性を感じられると良いです。

*KKU

時間の有効活用のためのアイデアですが、マシンが大がかりで使用の際にかかりっきりになることが懸念されます。

*SLP-GuHoo

計測したデータの活用法でもっとアイデアがあるといいと思います。たとえばデータに基づいてトレーニング中に音声でコーチングしてくれるなど、ユーザの心理状態に直接働きかける仕掛けがあると面白いです。

*Sunshine

毎日使うものなので、繰り返し使おうと思える動機になるようなもの(動きなど)に注力するともっと完成度が上がるのではと思います。

*九TECH開発部

本に工夫することで機械による把持を行い易くしていることはよいと思います。本番号の認識やソートアルゴリズムを改善すれば面白いと思います。

*あかとんぼ

課題設定は最高に面白いです。UFOを検出する方法が気になります。

*妖精のものつくり工房

自動ブレーキ機能とTwitter投稿機能、双方の関連性や文脈があるとより面白くなるのではと思います。

*ばるちゃんず

技術的にしっかりと作っている印象です。適用分野がいろいろとありそうなアイデアです。

*W3バランス

着眼点がいいと思います。このような昔からある遊びを現在の技術でアシストするようなおもちゃはかなり面白いような気がしました。

*Sanzo2017-ω

稼働している様子が見れなかったことが残念ですが、実際に運用できれば役に立つものだと思います。実現のための運用コストなども気にかけることができるたらよいと思います。そのあたりが新しいアイデアにつながりそうです。

*Monolith G

課題の発見から解決方法の策定、実装、機能実現まできれいに流れている印象でした。UX的にはマイクが話者の口元を通り過ぎてしまうと不自然なのでなんとかしてほしいです。。。

妹尾智
株式会社ソニー・ミュージック
エンタテインメント 取締役
コーポレートEVP
*日本工学院専門学校蒲田C

街中のごみ箱で穴が二つあいているのに、中は一緒というのがいつも疑問でしたが、この装置があれば納得がいく。スチール缶とアルミ缶も分ける機能つければいいですね。スピードとコストなどをブラッシュアップすれば実用もありかも?

*れいんぼう

素晴らしい。すぐに欲しい。ガンダムのハロですね。
スマホの高機能をロボット的に可視化してパートナーに変換したところが良い着眼点です。買い換えた後、使わなくなったスマホの用途ができました。しかもかわいい。アプリが秀逸なのでしょう。今後、機能もかなり拡がりそうです。
早く実物を見てみたい。

*あしの会A

これは、ワクワクしません。どうせなら気持ちよく起こしてくれるものを作ってほしかった。足裏マッサージ目覚ましとか。

*追跡線隊HiICSイエロー

スーパーでの買い物には確かに便利。
使っている人が多い時に、ご主人さまを間違えず、ちゃんとすれ違ったりできればいいですね。
どうせならPOSを読み取る機能もつけて、自動レジで支払いするなど、もっとスーパーの最前線の要素を取り入れても良かったかもしれません。

*月のラムネ

実現は大変そうだけど、SF的な発想が面白い。荷物のクラウド化事業?
テーマパーク内とか、ターミナル駅周辺など、限られたエリアであれば実現できるのではと思わせてしまう。
装置そのものは、あまり評価は高くありません。発想で得点。
たとえば、荷物を入れる箱を円柱型にして、チューブ状の配送網内を飛ばして、目的地まで瞬時に届けるような発想まで持っていったほうが、より未来的だったかも。

*KKU

現代の歯磨きは、歯ブラシを動かしません。電動歯ブラシはジッとあてているだけで良いのです。
どうせなら、マウスピース全体が電動歯ブラシになっているとか、球状の電動歯ブラシを口に入れて寝れば、朝の目ざまし時間に動き出して、口の中でモゴモゴ動かすだけでベッドの中で歯が磨けるとか、変なのを考えてほしかった。。(自動歯磨き装置)

*SLP-GuHoo

筋トレ回数をスマホに送ってグラフ化するだけでは楽しくないです。
モチベーションを上げる仕組みなどの工夫がほしい。ある程度目標をクリアすると、面白い映像が見られるとか。ガールフレンドの応援の声が入るとか?
単純でもいいので、アイデアをもう少しひねり出してほしい。

*Sunshine

映像を見てもよくわかりませんでした。
ねこたんと計算をする画面の関係など、どうなっているのでしょうか。
実物をみて判断したいです。評点は仮です。

*九TECH開発部

本のサイズによってソートする機能だと思って、興味津々で見ていたら、順番を入れ替えるだけでした。実際に、サイズ・形状ごとにソートする機能があったら20点でした。

*あかとんぼ

UFOでなくても良い装置。
タイトルを見たときに、UFOならではの架空の面白条件を設定して、それをとことん判別する機能なのかと思いました。

*妖精のものつくり工房

IOTの無駄遣いをするなら、もっともっと無駄な使い方をしてほしかった。
ナレーションが気持ち悪い。内容は意外と真面目。

*ばるちゃんず

事例の映像は、コミュニケーション不足がはなはだしい人たちだというだけですよね。
介護とかではありの場面も?
プラレールではなく、画像認識で絵のレールの上を動くお皿とかだったら、縦横無尽にテーブルを動けるのにと思いました。

*W3バランス

テーマがはっきりしていて、良くできています。こういうどうでも良さそうなものを突き詰めて作る姿勢は好きです。
でも、絶対に負けないですよね。
ランダムに、失敗して動いてしまうプログラムを入れ込んだりして人間ぽくすると盛り上がるかも。鬼もロボットにして、何台ものロボットで遊ばせてほしい。

*Sanzo2017-ω

重要なのは、まず、土砂災害が起きそうな場所がどこなのかを知ることでは?
シリアスなテーマを取り上げるのであれば、真面目にやったほうが良いです。

*Monolith G

実用的です。
検知している時に、動くマイクにつられて顔をあげてしまうと、適正な位置よりも上で止まってしまうのがかわいかった。

三木弼一
株式会社ビジョナリスト
代表取締役
*日本工学院専門学校蒲田C

少し応答スピードが遅いか?もっと面白い応用が見つかるかも。

*れいんぼう

スマホ応答内容良し。コストパフォーマンス良し。年寄り用ならもっと良い。

*あしの会A

音が無くても良いのではないか?病人用のほうがいいかも。

*追跡線隊HiICSイエロー

完成度高い。例えば老人ホーム、病院など使う場所は広そう。

*月のラムネ

努力は認める。

*KKU

ヘルメットは大袈裟で、歯磨きは難しい。靴磨きなどから始めたらどうか?

*SLP-GuHoo

回数以外にも他の動きも測定できるのでは?

*Sunshine

努力は認めます。

*九TECH開発部

本の間隔など、2冊の本の見本では完成度がわからない。

*あかとんぼ

UFOでなく、もっと良い応用があったのでは無いか?

*妖精のものつくり工房

性能内容がよくわからない。

*ばるちゃんず

もっと良い応用はないのかなあ?

*W3バランス

少し単純である。

*Sanzo2017-ω

温度、湿度以外にも取れる情報あるのでは?

*Monolith G

人が立つだけで大凡の見当をつけ、声を出すと微細な調整ができたほうがいいのではないか?

江口 亨
株式会社 富士通コンピュータ
テクノロジーズ
組込みシステム技術統括部
先行技術開発部
プロジェクト部長
ETロボコン本部技術委員長
*日本工学院専門学校蒲田C

なかなか上手に分別ができています。見せ方をもっと実現的にすると、さらに実感が湧くと思います。本物のゴミ箱に仕立て上げて、実際に学校に設定してみて、どれぐらいうまく動くか実験してみたらどうでしょうか。そのほうが役立ち感があっていいですね。

*れいんぼう

生活シーンにあった演出ができていてわかりやすいです。この受け答えの方言を、ほかのバージョンにしたものも聞いてみたいです。電池がなくなったら自分で充電するような機能が実現できたら、もっといいですね。最近はGoogleHomeなんかも出てきていますから、それに対抗して、部屋のなかだけでなく、外でも使える工夫があると差別化できて、面白いと思います。

*あしの会A

バカバカしさは認めます。もっと生活に馴染んだ形に仕上げられると実感が沸いていいですね。濡れたあとに掃除もしてくれるとか、顔を拭いてくれるとかしたら、面白そうです。

*追跡線隊HiICSイエロー

後ろを追いかけるカートという発想は、あまり目新しくないので、その点の評価は低いですが、真面目に作ってあり、完成度もまあまああるのは良いです。ARマーカを使っていますが、ただの人間を追いかけられたり、曲がり角を、カドにぶつからずに曲がれると、もっと良いですね。このカートがスーパーに配置されるのは、かなり時間が掛かりそうなので、普通のカートに簡単に取り付けられて、買い物が終わったら、さっと取り外しができる、「Myガジェット」的な仕上がりすると面白そう。イオンやイトーヨーカ堂に言って、バックからガジェットを取り出して、簡単に運用できたら、みんなが注目して流行るのではないかな。

*月のラムネ

ビデオも前置きが長いのが、中だるみして、チョット残念。メカニカルなところは確かに良く出来ているが、これを汎用的なシステムと考えるか、コインロッカーと考えるかで、価値が全く変わってきます。似たようなシステムとしては、自転車を地下駐車場に格納するものがあります。汎用システムと考えて、コインロッカーだけでなく、違うものにも転用が可能、という路線も掘り下げてみると面白いと思います。

*KKU

実際にこのバカバカしい装置を作ってみようという気合は評価できます。少し残念なのは、歯ブラシを本当に口に含んで、どうなるかまで見せてほしかった。これを発展させて、自動髭剃機とか、自動化粧道具とか、アタッチメントを変えると、いろんなことができるようになると、洗面所に置いておく価値が出るのではないかな。

*SLP-GuHoo

既に存在システムなので、まったくおもしろくない。Bluetoothでセンサーと連携させなくても、スマホ内蔵の加速度センサーだけでも、同じことができるのではないか?

*Sunshine

自作のロボットを作ったのは評価しますが、内容が単純で、もっとひねりが欲しい所です。

*九TECH開発部

図書館の本の整理という目的を見つけたのはGOOD。しかし、これと似たようなシステムは、テープライブラリーとか、倉庫ロボットとか、あります。これらのシステムと異なるのは、本の大きさや重さがマチマチなのを、どのように解決するかであって、そこの部分を追求してほしかった。既存システムが稼働できるのは、扱う物体の大きさ重さが同じであるから。本の返却箱から本を取り出して、本棚に並べるところを作ったほうが面白いかも。その後段に、この開発したシステムをドッキングするというのはどうだろうか。

*あかとんぼ

これがまったく役立たない点で関心します。同じことはPTZのWebカメラでもできるので、独自の機構や、使いみちのアイデアが欲しかった。

*妖精のものつくり工房

スクーターの完成度は高そう。もっと見せ方を工夫したらいいと思うが。日産のパロディになっているところはウケる。これを製作するのにNXTでなくてもよいと思うのだが、NXTならではの部分はどこだろうか。超音波センサーが使える、という理由だけでは面白くない。

*ばるちゃんず

日本発のプラレールを使っているのも面白いし、技術的にも要素がいろいろあり、いいです。これを本当に仕上げたら売れるかもしれませんね。線路を複線、複々線にするなどして、内回り、外回りもつくって、効率よく10人ぐらいでも使えるとか、いっそのこと回転寿司のようなシステムにも早変わりするとかしたら、もっと面白いです。

*W3バランス

音声認識を、だるまさんがころんだ、に応用するという発想はいいね。これは、だるまさんがころんだ、という音声でないと認識しないのか、単に発声すれば動くのか、そこんところが気になります。ストップも、「ストップ」でないといけないのか、発声するだけで止まるのか。 しかし、可愛いぬいぐるみとかを着せてあげたら、子供の遊び道具にはなりそう。

*Sanzo2017-ω

チェーンドライブの機構は面白いと思ったが、このロボットが自動運転なのか、遠隔操作なのか、どちらにしても、面白さに欠ける。

*Monolith G

目の付け所が面白いし、見せ方にも工夫があっていい。単純な仕組みだけど役に立つ、というのは大事なこと。ただ、マイクが一度通り過ぎて戻ってくるというのは、面白さといえばそうなのだが、一発で高さ調整してくれるといい。もし、通り過ぎるのなら、それに意味を持たせるとか。例えば、行き過ぎたら漫才やギャグを飛ばして戻ってくるとか。あと、一度、高さを合わせたあとでも追従すると、なお、面白いかも。加えて、人が舞台を移動するとついて回るとか。

鷲崎 弘宜
早稲田大学
グローバルソフトウェア
エンジニアリング研究所所長
国立情報学研究所
客員教授、株式会社システム情報
取締役(監査等委員)
ETロボコン本部審査アドバイザー
*日本工学院専門学校蒲田C

身近な生活の中で現実に役立つシステムの構築にトライした点は評価できます。反射光を用いた識別の工夫も評価できます。
処理速度が遅く、現実の用途には向いていないように感じました。連続投入の場合や環境が異なる場合など気になります。同システムを用いるシーンを明確とするとよいです。

*れいんぼう

一日の生活の流れの中で様々に役立つ可能性が伝わりました。
スマホそのもののコストに目をつぶるのであれば、全体として廉価に抑えられている様子も評価できます。
実現するサービス・体験としては、既存の商用ロボットが実現するものの一部という印象を受けました。「マイバディ」というコンセプトに基づいた価値が提供されるとよいです。例えば「相棒」というと、その使用者と共に成長していくというイメージを持ちますが、動画からはそのような学習要素は捉えられませんでした。また技術的には、複数名がいる状況における動作も気になります。

*あしの会A

作成者自身が楽しんで取り組んだ様子がよく分かりました。
得られる体験がシンプルかつ明快な点は評価できます。コストもマインドストーム以外にはほとんどかかっていないと推測できます。
アイディアの斬新さ、もしくは、現実的な有用性など何らかの側面を磨けるとより良いでしょう。

*追跡線隊HiICSイエロー

身近な生活の中で現実に役立つシステムの構築にトライした点は評価できます。
専用ロボットではなく、既存のカートへの後付けで廉価に実現しようとしている点も評価できます。
現実の状況における振る舞いが気になります。例えばカート方向に利用者が戻りたい場合はカートはバックしてくれるでしょうか。混雑した状況で一度見失っても、利用者を探し出してくれるでしょうか。腰に巻いたマーカー?が隠れてしまうとどうなるのでしょうか。
アイディアとしては既に専用ロボットとして実現済みであるため、一定の有用性を保ったまま廉価に、それも様々なショッピングカートに柔軟に対応できるかどうかがカギとなりますが、それを十分には判断できませんでした。

*月のラムネ

(実際の実現内容以外の点について)動画の完成度の高さに驚きました。高く評価できます。一方で、長さが気になりました。早めに実現する体験、サービスをアピールとより良いです。
競技者自身の体験に基づき動機づけられた形で、有用な新たなサービスを実現しようとトライした点は評価できます。
現実の荷物の形状や重さ、耐久性、量・スループット、スケーラビリティ、コストなどを考慮していないように見受けられましたので、Proof Of Conceptとしては評価困難でした。

*KKU

作成者自身が楽しんで取り組んだ様子がよく分かりました。
実現される体験を期待させる動画も評価できます。
肝心の実際の歯磨きの有効性がよく分かりませんでした。口にくわえたうえでの実際の利用シーンがありませんでしたが、実際に良く磨けたのでしょうか。
家族のそれぞれ異なる口のサイズや歯並びに対応できるのかどうか、口の中の食べ物の残り具合をセンシングしなくてよいのか、など知りたいところです。
マウスピース型の自動歯磨き機が実用化されていますので、それに対する優位性がほしいところです。

*SLP-GuHoo

自動測定する仕組みとして評価できます。
運動内容の識別精度、さらには、装着が運動に与える影響次第では、実用的と感じました。
その肝心の識別精度がよく分かりませんでした。
自身で回数を入力しトレーニング管理するアプリ・サービスは普及しているため、自動測定や付加価値がどれだけ重大なものかを訴求してほしいところです。
たとえばスクワットをしたつもりでもその実施が不十分でカウントされないということであれば、その不十分さを指摘してもらえると嬉しいことでしょう。

*Sunshine

様々に工夫しようとしている点は評価できます。
動画からは実際の利用の様子や得られる体験、動作がほとんど分かりませんでした。せっかくの工夫や仕組みが伝わらずもったないという印象です。

*九TECH開発部

良く動機づけられています。
問題を訴求する動画としても分かりやすくできています。
提起した問題(例えば「いろいろな本が存在すること」)を解決していることを十分には判断できませんでした。
実際の利用を考えた場合に、本の厚みによって必要なスペースが異なってくるが問題なく置き換えできるのかどうか、逆に無駄なスペースができないかどうか、ソート中に本が取り出されるとどうなるのか、スケーラビリティを確保できるのかどうか、そもそもどの本がどこにあるのかをどのように把握しているのか、など知りたいところです。

*あかとんぼ

実直な取り組みとして評価できます。
色々と相談し楽しみながら取り組んだであろうことを想像できます。
得られるサービス、体験を早い段階で分かりやすくアピールするとよいです。
「UFOが出現すると自動で撮影」という肝心の機能の仕組みや精度がよく分かりませんでした。リモートカメラという点では新しさはあまりないようです。

*妖精のものつくり工房

実直な取り組みとして評価できます。
搭乗している様子が気持ちよさそうに感じられます。
得られるサービス、体験を早い段階で分かりやすくアピールするとよいです。
ナレーションがよく聞き取れませんでした。
運転のどこまでをサポートしてくれるのか、ツイートが誰にとって何がうれしいのか、よく分かりませんでした。

*ばるちゃんず

回転寿司店の配膳機能に音声認識や注文者識別機能を組み合わせたものと捉えました。
将来的な有用性が感じられる点が評価できます。
技術的にも総合的な取り組みと見受けられます。
新たな価値や、実際の利用シーンにおける制約もわかるとより良いものと感じます。
名称が正確に分からない場合はずっと食べられないのかどうか、内容物が無くなった後も配膳し続けるのかどうか、一連のトランザクションを終える前に複数の注文や指示が異なる利用者から発せられた場合にどのように捌けるのか、など知りたいところです。

*W3バランス

コストを徹底的に抑えた取り組みであるという点で評価できます。
利用者や環境にとって得られる価値がよく分かりませんでした。

*Sanzo2017-ω

実直な取り組みとして評価できます。
災害予知は取り組むべき重要な課題であり、その点は評価できます。
得られるサービス、体験を早い段階で分かりやすくアピールするとよいです。
無線センサネットワークによる環境監視技術は実用化されているため、移動させられることの必要性を明確にするとよいです。それにしても、どの場所に、どのように移動させるのでしょうか。自律的に移動するのでしょうか。土砂崩れが起きた後はどうなるのでしょうか。
ナレーションがよく聞き取れませんでした。

*Monolith G

シンプルなアイディアを堅実に実現している点が評価できます。
動画が分かりやすく、完成度の高さを感じました。
発話中に発話者が姿勢を変えても追随はしてくれないということでしょうか。
動作中に水平方向の向きがふらつきズレしまい、最終的には人手で調整している点が気になりました。

 ■概要
» 開催概要
» ガレッジニア部門
技術教育
パフォーマンス情報
» 年間スケジュール
» 参加申込方法
» 参加規約
» 競技規約
» 審査規約
» 開発環境
» 参加チーム一覧
 ■イベント
» 実施説明会
» 技術教育
» 試走会
» 地区大会
北海道東北北関東東京南関東
東海北陸関西中四国九州北九州南沖縄
» 全国ランキング表
» チャンピオンシップ大会
 ■ETロボコン2017実行委員会

 メディア掲載
 個人情報の取り扱い

» ETロボコンの歴史

» スポンサー募集
» 取材協力、メディア・プレス募集
» 実行委員募集

過去の情報はこちら
2016 2015 2014 2013
2012 2011 2010 2009
2008 2007 2006 2005
(UMLロボコン)
2004 2003 2002

お問い合わせ
ETロボコン 本部事務局

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町2-8
新小伝馬町ビル5F (株)アフレル内
TEL/FAX.03-6661-9239
» メールでのお問い合わせ