http://www.sessame.jp/http://www.jasa.or.jp/
TOP > ETロボコン2017概要|ガレッジニア部門

ガレッジニア部門テクノロジーで、ワクワクを生みだせ!

特別審査員

遠藤諭 氏 株式会社角川アスキー総合研究所 取締役兼主席研究員

酒井崇匡 氏 博報堂生活総合研究所

プロフィール

2005年博報堂入社。マーケティングプラナーとして、教育、通信、外食、自動車、エンターテインメントなど諸分野でのブランディング、商品開発、コミュニケーションプランニングに従事。
2012年より博報堂生活総合研究所に所属し、日本およびアジア圏における生活者のライフスタイル、価値観変化の研究に従事。
専門分野はバイタルデータや遺伝情報など生体情報の可視化が生活者に与える変化の研究。
著書に『自分のデータは自分で使う マイビッグデータの衝撃』(星海書新書)。
http://seikatsusoken.jp/about/publication/publisher/100/

ガレッジニア部門に期待すること

技術力の高低ではなく、生活者や世の中を見つめる視点の深さ、鋭さを確かめたいと思います。課題を解決するアプローチと、新しい喜びや愉しみを作りだすアプローチ、両方があり得るはずです。
未来を拓く発想を期待します。

酒井崇匡 氏 生活総研

佐藤智紀 氏 バルミューダ株式会社 新規事業準備室 リーダー

プロフィール

FAシステムメーカでサーボモーターやモーションコントロールなどの研究開発に従事。その後、ロボットベンチャーで新規事業開発などを経て、2014年にバルミューダに入社。新製品開発や基礎技術の研究開発などに関わり、2017年より現職。お客様に素晴らしい体験を届けるため、製品企画とプロトタイピングを日々実行中。技術的にはールラウンダータイプ。メカ・エレキ・ソフトの世界を横断的に思考して、新しいことを考えることが好き。

ガレッジニア部門に期待すること

- 目の付け所(課題の発見、観察力)
- ぐっとハートをつかむ驚きの量
- ユーザ視点に立ったときの気遣い(道具としてとらえたときに使いやすいか)
- どれだけ世の中に役立ちそうなものなのか

佐藤智紀 氏 バルミューダ株式会社

妹尾智 氏 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
取締役 コーポレートEVP

プロフィール

1993年(株)ソニー・ミュージックエンタテインメント入社。
音楽レーベルビジネスの営業、宣伝を経た後、経営企画にて新規事業の立ち上げ等コーポレイト業務に携わる。2016年取締役就任。現在、ライブホール「Zepp」の開発・運営、音楽チャンネル「MON」・ライフスタイル雑誌出版のメディア事業、音楽ダウンロードビジネス「mora」などのマネジメントに従事。
近年は、日本のエンタテインメントの海外展開のプラットフォーム作りとともに、アウトバウンド・インバウンド双方への貢献を目指している。

ガレッジニア部門に期待すること

歴史上の産業革命は100年以上、今のIT革命とか言われる革命はまだ始まったばかり。これから何十年にも渡って次々と新しい驚くべきことが生み出されてくるはず。
なので、この部門に期待することは、既成概念にとらわれず、理屈も無く言葉で説明しなくても、見て思わず声を上げてしまう、とんでもないモノが出てくること。
未来人の気分になって作ってみてください。

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

三木弼一 氏 株式会社ビジョナリスト 代表取締役

現在調整中の方も、確定次第の掲載を予定しております。

競技内容

「新しいものを生み出すことの出来る次世代の技術者育成」を目指したチャレンジ機会を提供します。テクノロジーをベースに「新しい」「わくわくする」ものを作り、発表してください。審査項目は、発表内容、それを実現するための技術です。

概要

「つくって動かす」
センサ、アクチュエータをそれぞれ一つ以上使い、ソフトウェアで制御する。ネットワーク活用推奨!
完成品の部品表を提出(10万円以内でつくる)。試作の部品は問わない。

テーマ

  1. マインドストーム
    利用する、利用しないは、自由

  2. 企画開発テーマ

    1. 自由(参加チームが自由に決める)

    2. 技術先行型(シーズ)

    3. 問題解決型
      困っている人を助けるモノ、システム

審査

  1. 動画審査
    YouTube(予定)にアップした動画内容を、一般、特別審査員が評価。
    優秀選抜

  2. チャンピオンシップ大会
    会場でパフォーマンスし、特別審査員が評価。






 ■概要
» 開催概要
» ガレッジニア部門
» 年間スケジュール
» 参加申込方法
» 参加規約
» 競技規約
» 審査規約
» 開発環境
» 参加チーム一覧
 ■イベント
» 実施説明会
» 技術教育
» 試走会
» 地区大会
北海道東北北関東東京南関東
東海北陸関西中四国九州北九州南沖縄
» 全国ランキング表
» チャンピオンシップ大会
 ■ETロボコン2017実行委員会

 メディア掲載
 個人情報の取り扱い

» ETロボコンの歴史

» スポンサー募集
» 取材協力、メディア・プレス募集
» 実行委員募集

過去の情報はこちら
2016 2015 2014 2013
2012 2011 2010 2009
2008 2007 2006 2005
(UMLロボコン)
2004 2003 2002

お問い合わせ
ETロボコン 本部事務局

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町2-8
新小伝馬町ビル5F (株)アフレル内
TEL/FAX.03-6661-9239
» メールでのお問い合わせ