http://www.sessame.jp/http://www.jasa.or.jp/

ETロボコンとは

ETソフトウェアデザインロボットコンテスト (愛称:ETロボコン)

日本の産業競争力に欠くことのできない重要な「組込みシステム」分野における技術教育をテーマに、決められた走行体で指定コースを自律走行する競技です。同一のハードウェア(LEGO MindstormsTM)に、 UML等で分析・設計したソフトウェアを搭載し競うコンテストです。※UML(Unified Modeling Language)
オープン参加型で産学官連携協力により開催されます。2002年UMLロボットコンテストとして始まり、2005年よりETロボコンと名称を変え、今年で通算11回目の開催となります。ETロボコンとは、「ETソフトウェアデザインロボットコンテスト」から「愛称:ETロボコン」の名で親しまれています。(ET:Embedded Technologyの略で、日本語では「組込みシステム技術」を意味します。)
 目 的
組込みシステム開発分野および同教育分野における若年層および初級エンジニアへの分析・設計モデリングの教育機会を提供すること。
若年層および初級組込みシステム・エンジニア向けに、モノづくりの楽しさを経験する機会を提供し、組込み分野への興味を高める。
複雑化する組込みシステム開発において、モデリングによる分析・設計手法の適用を進めるため、開発成果によるコンペ形式とし、実践教育の機会とします。
 コンテスト内容
総合部門 以下のモデル部門と競技部門をあわせた総合結果。
モデル部門 UML 等で記述された、走行競技システムの分析、ソフトウェア設計モデル内容の評価、審査。
競技部門 自律型ライントレース・ロボットの走行競技による性能。ロボットおよびバッテリーは ETロボコン指定のものとします。
※モデル部門と競技部門の両方への参加が必須です。競技規約、審査基準に準じてください。
 競技部門のみ、または、モデル部門のみの参加はできません。
 コンテスト方式





» ETロボコン概要はこちら



ETロボコンに参加するには

組込みソフトウェア開発および同技術教育に興味を持っている高校生以上の方で、他の競技者との意見交換、情報交換が可能であること。ただし、未成年の場合には、保護者または成年責任者による参加同意と付き添いが必要です。 参加はチームでも個人でもかまいません。

参加者はおおよそ以下の方々を想定しています。

  • 企業における組込みソフトウェア開発技術教育としての参加。
  • ソフトウェアエンジニア個人またはエンジニア同士での技術力向上へのチャレンジ。
  • 大学におけるソフトウェア・エンジニアリング教育としての参加。
  • 高校、高専、専門学校等における、コンピュータ、ソフトウェア技術教育としての参加。

ETロボコンは、多くのエンジニアが楽しみながら腕試しできるコンテストです。皆さんの参加をお待ちしています!!